実際にサロンに行ってvio脱毛のやり方がわかりました

VIO脱毛は恥ずかしいかもしれないが施術時は気にしないのが一番

vio脱毛「やり方」 / VIOの自己処理方法

デリケートゾーンのムダ毛が太く濃いことに悩んでいた : VIO脱毛をすべくカウンセリングでデザインを決める : VIO脱毛は恥ずかしいかもしれないが施術時は気にしないのが一番

私の場合にはガウンを着て施術を行いましたが、場所によってはタオルを巻くこともあるようです。
流れとしては、まず最初にシェービングがしっかりとできているのかをチェックされます。
この時に剃り残しがあればスタッフにシェービングをしてもらいます。
私はうまくシェービングができていないことが多く、スタッフに剃り残しをお願いしたことが多くありました。
私が行ったサロンではシェービング料金がかかりませんでしたが、場所にあってはシェービング料金がかかるところもあるようです。
終わったら照射をはじめました。
デリケートゾーンは毛が太く濃いので、私はやや痛みを感じました。

「今年こそは、アンダーヘアを気にせずに水着を着たい!」実は、、、VIO脱毛を始めるなら今がチャンス!人気脱毛サロン「ミュゼ」のVIO脱毛について、自己処理のやり方や料金プラン、施術後の過ごし方を軸に詳しく解説するよ♪https://t.co/xJXyEnmQZo

— 全身脱毛レビュー (@datsureview) April 12, 2020
しかし我慢できない痛みというわけではなく、これできれいになれるのだという思いで乗り切ることができました。
態勢については、Vラインは足を肩幅に開いて仰向けに寝る、Iラインは仰向けになって片足をくの字に曲げて横に倒しました。
Oラインはうつぶせの状態で足を肩幅に開きました。
初めて施術を受けた時には、やはりデリケートゾーンを見られるということで恥ずかしさがありましたが、多くの人が施術を受けているということであまり気にしないことが一番だと感じます。